読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆびさきがつめたい

Thoughts make things, you know?

12月です

っという、わけなんですけども。

とりあえず、研修期間を終えて正社員になれそうです。わー。

実感がまだ湧いてこないけれど、熱意だけは伝わっているみたいで、

ほっと一安心したところですね。

 

最近、デザインって高校の現代文だな、と思う。

結局、作者の意図じゃなく、問題文を作成する人がどういう風に解釈したかをデザイナーが読み解いて、最短距離を提示する(この場合は価値にプラスアルファをつけたら減点される)ことが大事で、今の私はその段階にいると思う。

やー、法則を見つけたり自分で体感するまで、時間が超絶かかる。

一日1個以上は、そうだったんね!!!!????なんで気づかなかったし!!!!みたいな発見がある。これ何回繰り返したら、自分でご飯食べていけるんだろうはてしない

 

 

っていうかこれからが本番なんだよね!

仕事にありつけるのがまず感謝だよね!

こんなぺーぺーの私にさ!懐の広い会社でよかったね!

甘んじずにこれからもちゃんとしますぜほんとに。

 

最後の一週間、これあかんかったら関西帰らないといけないのかなぁとか、デザイナー未経験じゃないけど実務経験アリって言えるのかな、誰が雇ってくれんねやろとか、競馬バーで働かないといけないのかなぁやばしんどとか思って、体調がすこぶる悪くなってた。

病は気からを地で行くマン。気負わないことが明日からの目標(とかいってる段階で気負ってる)自意識過剰すぎるな自意識を削ぎ落として、どうでもよくなったらいいんだろうな。逆にどうでもいいってなんだよ。俺ぁわかんねぇよ。てけとーってことやろ、てけとーって。

 

はぁ悩んで寝られへんやつやあしたからもぎゃんばろ

広告を非表示にする

2016/08/01ed

神戸の妹に会いに来ている。

お好み焼きと明石焼きを食べた。


私とは全く顔の似てない妹。
可愛げのある妹。
とても好きだし大切に思うけど、
時々本当に憎らしい愛くるしい妹。

 

家族のコミュニティの強さって、一体何なんだろうな。
他人なのに他人じゃない感じ。

 

たぶん、私が1番兄弟の中で予測しない方に振り切れたと思う。

ほんのりギャンブルとか、職人とか。
大人しく公務員になっておけば、こんなことになってないだろうけど。

 

そもそも、他の家より閉鎖的だったと思う。両親共々、友達少なそうな家庭だったし、何より外食がほとんどなかった。まぁ、別に悪いことじゃなかったんだけど、それもあって今でも外で食べることは罪悪感というか、特別な気分にさせてくれる。家が好きなんだな。

 

私以外の兄弟姉妹も、いろいろな道を辿るんだろうけど、親の予想とは全く異なる動きしかしなさそう。それはそれで面白いかな。

 

帰りに海に一瞬だけ行って、足だけつけて帰った。

広告を非表示にする

グレゴール・サムサ、毎年こうやっていう呪い。

東京のツタヤのDVDレンタルは、高い。アホか。

旧作でも一週間200円。だったら電車代とか込でAmazonとかhuluとかに登録したい気持ちも湧くってもんだよ。世界から逃避することが何より尊いので、私は生活の3分の1の時間、眠る。眠る。

 

こちらに来てから、はじめて雪が降った。

水分が多い雪で、地面に落ちるとじゃくっと音を立てて、溶ける。

昼休みに傘を差して、ずくずくに濡れた中途半端に濡れてる道を、闊歩する。

どうなんだろう。わたしはなじめているんだろうか。

東京。といっても郊外。

私が地名を口にするたび、やれ新宿だの吉祥寺だの上野だの神保町だの、憧れを含んだまま発する言葉が恥ずかしい。関西弁も少しずつ抜けてきては、いる。

 

いやはや。

たまのSNSで見かける、たくさんふぁぼられてたりだとか、誰々の公演にあの人が出るとか、展覧会に出品するとか、ある同人誌に寄稿するとか。

通り魔のように、私の自尊心を切り裂いていっていたけど、傷が出来すぎて麻痺してしまったんだろうか。

いやはや。

 

悪いことは、「たぶん人並み以上に私はウチとソトの関係性に敏感でありすぎてしまうこと」に今まで気づかなかったこと。そりゃ、しんどいもんですわ。わたしが所属していたグループには、いつでもそういう関係がしみついていて、ほんとに体が拒否反応起こして、吐きそうになってしまったこともある。いくところいくところ、そんな感じだから、なんかそういうもんなのかな日本って、と小刀を胸にしまう心持ち。

高校のときに、交換留学に参加しておけばよかった、と今更思う。

 

今、よかったな、と思うのは、「そうか、なんでもしていいんだな」と、焦るまでもなく、ただ重力に引き合うくらいの立ち方が、できそうな気がすること。それには体と少しのお金が必要だったんだなってこと。

デザインをやっていて、「Ithey」の関係を「Iyou」または「we」にできるよう努力することに専念できている気がすること。尊敬するデザイナーの人が「明日のクライアントに心底惚れることで、いいデザインが生まれる」みたいに言ってて、自分ごとにどれ程なれるかなのかなぁ、と思った。

 

だから、わたしはずっとあなたにあなたのことを語りかけてばかりで、自分やその他の世界には興味がなくて、あーだからわたしはわたしの気持ち悪さに気づいてしまったんだね。

 

あなたは強くて弱いひとだから、風邪などお召になりませぬように。

 

2016/11/05ing

ぷはぁ。といった感じで、久しぶりにタイピング。

内臓がひっくり返りそうなしゃっくりが止まらない。 

 

ガレージバンド、ぽちぽち打ち込んでみたけど、わかんない。阿鼻叫喚みたいな音源ができたけど、放置している。

 

フォトショもイラレもクリスタも、道具を扱えるようになるまでの道のりが、私にとってははるか向こう。

でもまぁ、やってることは楽しいので、なんとかなってるかな。

 

 

二週間くらい空いてんのか。そうだよな、日々が倍速で過ぎていく。

仕事しはじめたら、密度だけあがって、

身につくのが、よたよた歩きなスピードで、もっとそれこそ要領よかったらよかったのになぁとか、思わんでもない。

 

こんな年になるまで、てかこんな歳になってもなーんにも成し遂げず、同世代の人たちは世界を構築して、あーあ、わたしはみすぼらしいな、と、しょうもない感傷にひたって、動けないんだぁ。

 

そうだ創作、またして企画。かいちゃうぞーい。

 

広告を非表示にする

2016/10/24ing

休みだったから久しぶりに14時半まで眠っていた。

相方がテレビ画面とにらめっこしている。

 

夢の中で行ったこともない北大にいっていて、高校時代で更新が止まっている旧友とひろーい芝生を駆け回っていた。

いま、大学生に戻りたいかと聞かれたら、まだいいかな、という。

結婚したり、こどもができたり、自分以外のものに時間やお金をかけざるをえないようになったら、学生を恋しく思うんだろう。

社会人になって、自分のために使えるお金を得、使えることが、こんなに嬉しいことだは。

 

いまから、その旧友の情報を更新しにゆく。東京はぴっかり快晴ちゃん。

広告を非表示にする

2016/10/19ing

今日は久しぶりに、いいものを作れたな、という気持ちになった。

まぁ、大したことじゃないんだけれど、納得がいくものを生み出せた、みたいな。

仕事なんだけど。

 

手応えができてきたから、少しは自分の力になっているはず。

どんどん分割して、組み立てていく体制ができつつある。

いつもingだ。現在進行系。

 

いつも、頭の中の霧が晴れるのを待っている。それにむけて私は日々を整えている。

広告を非表示にする

2016/10/16ing

あー、いま、王様気分だなあ。
まずい。
これは傲慢の嫌いがありますね。

他人も自分も自分のことにしか興味がないっていうのに、甘んじて、自分を変えることは全くもって最近鑑みていなかったように思う。

 

こういうことか〜って感じ。前までは、自分を好きになってもらいたい人が、自分に近しい存在だったから、まんま自分でよかったんだなぁ。

 

他人という存在に対して、使える言葉や対人方法を身につけないと、自分が小さくなっていっている…もっと他者と折り合いをつける方法を社会人ならば身につけておきたい…
美しい言葉や振る舞いや、他人の人生への寛容さなど。

 

伝えるために言葉をえなければ、といつも思ってはいるが、いかんせん怠惰であるがため…。

せめて、つらつら書くのではなく、伝えるために書くこともしなくては。武器を得なくては、きっと生きていくのは世知辛い。

広告を非表示にする