読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆびさきがつめたい

Thoughts make things, you know?

2013/4月の終わりような

知ったかぶりの顔をして、『そんなんじゃあなたは幸せになれない』なんて、言ってみたい。あなたには苦しんでもらいたい。

 

やだ、そんなこと考えるの、あたしじゃないあたしじゃないんだだだってば。

 

好きでいてくれればいい。あたしのことを覚えていてくれるならいい。何をしてでも覚えててくれるなら、それでいいのだ。時計を、なくしてしまった。気に入っていたのに。 入学祝いにお父さんが買ってくれた。お母さんからは万年筆を貰った。話を書くからあたしには有りがたい

 

記憶がなければ、体だって売れる。媒体に傷がつかなければいい。体温が揺れなければいい。

煙にまみれて死にそう。空気汚染された都会のゴミ箱で逆走した自転車みたいに歯車が噛み合わなくて殺されそう。

殺されそう。雨にぬれて。洗濯機に間違えて突っ込んだICガードごと、全部どこかに消えてしまいそう。データがない。データがない。データがない。データがない。

 

ちゃんと生きていけるんだってば。

あたしは自分の足と腕でお金を稼いでるんだってば。

 

二重人格

 

どうしてよ、勝手に入ってこないでよ、

放っておいてよ、あたしのことは

 

只今どうなっているのだろう、

あたしのこころは一体どこにあるのだろう

 

電車の、音。音。音。音。

話が聞こえる。耳が聞こえない。

どうして、どこにも、いないの、

 

 

大言壮語吐いてる割に、そして悪口いっといて『でも本当はいいやつなんだ』って持ち上げるマイナスプラスのやり方、好きじゃないんだよ。透けてみえるから。自分のために相手のことをめっちゃ見る、みたいになれば一段階進んだヤッタネみたいになる気がする。

その段階踏んだ方が個人的には深みがあってすき。

 

わたしは究極のエゴイストだを、

 

オゴイストってなんだよ、おこなの?ほんとにさ、自分のやりたいことを追求すれば、相手のためになると私は確信してるもの。

人のためとか言いながら自分が気持ちよくなりたいからでしょ?エゴでしょ?

 

何隠してんの、バカなの?

 

団体のためとかいっといて、団体のためは自分のためでしょ と思ったり思わなかったり。どれだけの人が自分のためにそいつをやってるか、自分を守っているか、自覚的になったらいいのに

 

そしたらもう何でも遺伝子のせいにしちゃえばいいんだよ