読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆびさきがつめたい

Thoughts make things, you know?

2016/08/23-31ed

とりあえず、晩ご飯を食べてひと段落。
カビの匂いのする布団を捨てて、新しいものが届くまでどこで眠ろうか思案中。
ゴミを捨てるのもお金がいるのね、、
新しい町は、まだ坂道に出会ってないから、自転車で走りやすかった。雨に降られても気にしない。

 

京都の家を引き払う前に、あねさんと晩ご飯を食べた。夏は食べたらすぐにお腹壊すんですよ〜って言ったら、「食べなさすぎ!」と怒られた。毎食タンパク質・炭水化物・野菜を摂るようにするだけでも違うんだって。なるほど。
この人は、私が社会人になって1番お世話になった同性の人だと思う。


会ってまだ1ヶ月しか経ってないのに、そんな話していいの?っていうことも聞いて、わたしは口を噤んでた。展覧会終わって、打ちひしがれていた時、私の家で夜中まで話し込んでいたことが、その時はなんか、怖かった。


怖いっていうのは、本当のことを話さなきゃ、と圧力を自分にかけてたからだと思う。その時になって、ようやく『〜ねばならないとか、〜しなくちゃとかだけで話してる』ってやっと自覚的になれた。じゃあわたしはどうしたいんだろう、と立ち止まる機会をくれた。

めちゃめちゃ感謝しすぎても感謝しきれない位に、感謝してる。
使い捨てカメラで写真をとりまくってやったぜ。へへへ!

 

1日、神戸のスーパー銭湯でゆっくりしてた。三月のライオンを10巻まで読む。羽海野チカさん、ちゃんと読んだのは初めてで「こんな可愛い絵があったんだな!?!?!?」ってなった。温泉もサウナもご飯も夜景も美味しかった。

 

金曜は先輩に誘ってもらってご飯を食べにいった。その際、隣の展覧会にふらっと入ったらキスマークたくさんつけたガラスや、指や、肉塊や、ジッパーがついた絵画や、針金ぐじゃぐじゃ宙に浮いてたりや、キモイシャンパンタワーや、泡あわや、田舎の風景や、久しぶりに展示を面白がれた。案内してくれた人が親切で、可愛かったのもある。えへ。
先輩の彼女が私と同い年ということだったけど、垢抜け度が遥かに違くて、生まれ変わったらそっち側になりたい。かわいかった…。気の合う人と飲むお酒もお話も雰囲気も時間も何もかもサイコーで、いい夜だった。

 

怒涛の引っ越し作業を手伝ってもらい、1時間ほどでトラックに全て積まれた。がらんとした部屋の反響音が舞台装置みたいで笑った。京都から直通のバスに乗れなかったから、初めて名古屋の地に降り立った。きしめんを食べた。緑の葉っぱが入ってる麺類、はじめてかも。
高速バス乗り場までの道が名古屋駅から遠くて、20分くらい歩いた。ビルは高いのにまばらで、片側4車線の道の割には車が少なくて、関西であんまり聞かない言葉を喋り、けたたましく電車が鉄橋を走ってた。なんていうか、すごいハリボテ感があった(失礼かもだけど)。大阪のギュッと詰まっている感じを空間で希釈した感じかな。ご飯は美味しそうだった。

 

新居、安いのはいいけどめちゃめちゃ声が筒抜けになるっぽくて、厳しい。
DIYの記事ばっかり見てた。ディアウォールで木材の柱つくって、そこにゆうこうボードを打ち付ける、みたいな。とりあえずボードを試しに使ってみるとこからかな。

ていうかネットにパソコンつながらないから、デザイナーの勉強皆無なのだが。
不安。
やー。
なんとかなっておくれやすー。

広告を非表示にする