読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆびさきがつめたい

Thoughts make things, you know?

最近の愚痴

守られてしまえば、わたしは大言壮語も吐いてる野郎ですわ。

ちょっと怖いなと思ってる人の人生について思いを馳せて、何ていうか、早く他人事になれと思う。

お腹が最近ずっとシクシクしていて内科にいくか迷っている。

 

いやー、めちゃめちゃ腹が立ったことがあったんですわ。「何でお前にそんなに水をぶっかけられなきゃならんのじゃ、私の何を知っとるんじゃ、あんたはずっと大して役にも立たん自分の話をするんな、私がどれだけ捻り出して質問しとるか分かっとる?私がどれだけいままでの自分のこと話さないようにしとるか知らんやんな?ははっ、おもんな」、といいそうになって、「そうだね、情熱がないと創作しない方が幸せDAYONE、ははっ」、と笑って返事をした。

 

逃げるように創作にのめり込むことをやめた人間として、情熱がない人間は創作をやっちゃだめなんて、のうのうと生活しとるお前に言われる筋合いは、ないわどあほう。日々の生活に磨耗して、必死さに身をうずめて、亡霊のように創作せねばならんかったか、お前は知らへんだろう。創作したくても、出来なかった日々を、それが本当にどれだけ惨めで、どれだけしんどくてやるせなかったかを、お前は知らんだろう。

みたいな話を全然私のことを知らない人に言うほど、しんどい状況じゃなくなった。こんなとこに書いてしもうて、相手に伝わってしまっても、ええかな。ええな。一般人以上にあるゲームにお金を注ぎ込んで「人としてクズやわ」、とか言ってたけど、クズとして言えるほどクズちゃうよ、安心しい。…本当に相手を傷つける言葉を思いついて、直接相手には言わなくなってしまった。いい事なんだろうけれど。

 

わたしは、いつでも横暴なのだ。やっといろんな立場を少しずつ経験して、いろんな人がいろんな気持ちを立場を持っていきているんだなぁ、と本当に少しずつ分かってきた。これに対してそれなりの自負が芽生えてきたのは、他人とちゃんとぶつかってきたからだと思う。(一度、「お前のせいだ」と全部ぶつけた時に、泣きながらも向かいあってくれた人がいたからだわ、その人にはとても感謝している)

 

だから、その時笑ってやり過ごせたのは、私も少し大人になったなよかったな、と思える反面、私の中でまだそんな感情を怒りに変換する位には癒えてないものなんだな道のりは長いな、とも思った。

今、割と冷静にタイピング出来てるけど、昨日の晩メシを食べ終わった後は2時間くらい怒り狂って、テッドのプレゼンで心の傷を癒す方法を見てるくらいには揺さぶられていた。(感情をリフレインさせていまうのは、人がよくやってしまう悪循環なので、2分別のことに意識を向けると、そのループから抜け出せるらしい。)

 

たぶんもう、自分から誘うことはないんだろうな、とリプトンのミルクティーをガブ飲みしながら思った。

私は私でもうお前に創作の話はせんと、勝手にしとるっちゃははーん。

 

恋人もおるしね。明日は服を買いにいこう。カマンベールチーズを食べよう。

はよ年末年始にならんかな。会いたい人に会いたい。

私のことを気にかけてくれる人、ありがとう。

広告を非表示にする